古着やはぎれの3つの活用法!Tシャツをスタイにリメイク。

着古したTシャツや、使い古したタオルをどうしていますか?

リサイクルショップに出しても受け取ってもらえず、なくなく処分する方もいることでしょう。

今回は、そんな古着や古布の活用法を書いていきたいと思います。

 

わが家の古着、古布について

わが家の収納スペースは限られているので、服の数はとても少ない方です。

数枚のTシャツをヘビーローテーションするため、ワンシーズンでボロボロに。

以前はあたりまえのように処分していましたが、あるとき疑問を感じ、できる限り活用するように心がけています

 

古着やはぎれの3つの活用法

 

ウエス・布ティッシュ

Tシャツを切っただけのウエス

 

Tシャツを小さくカットするだけなので、とっても簡単です。

キッチンの汚れをささっと拭いたり、ほこりをぬぐったり。

基本的には使い捨てです。

いままでは雑巾を使っていましたが、洗うのがめんどうだったり、保管に困ったりしていました。

古着ウエスを使うようになり、掃除のモチベーションが向上し、いい感じです!

 

取手カバー

かごやバックの取手に巻きつけると、雰囲気おしゃれになります。

長年使っているスーツケースの持ち手が、劣化しむちゃむちゃしていたので、ハギレでカバーしました。

ただ巻きつけているだけなのに、いい感じです。

 

スタイ(よだれかけ)

花柄のパンツとTシャツを使用

使い古したタオルとTシャツで、スタイを作りました。

 

ラコステのTシャツをリメイク

ラコステのワニをどうしても入れたかったので、おもしろスタイに。

もちろんタグも活用しました(笑)

オリジナリティーなスタイになったので満足です。

 

さいごに 

今回は古布の3つの活用法をご紹介しました。

古着・はぎれの活用法
  1. ウエス・布ティッシュ
  2. 取手カバー
  3. スタイ(よだれかけ)

小さく切るだけなら誰でも簡単にできるので、ウエスから始めてみるのもおすすめです。

これ以外にも、着古した服やタオルの活用法はたくさんあるので、随時ご紹介できればと思います。

地球にやさしい暮らしを、自分にできる範囲で楽しんでいきましょう♪