こどもが怖い絵を描く心理。どうして刃物や血が出てくるの?

 

こどもが怖い絵を描くので心配..

こどもの絵に血がでてくる理由は?

 

maki
maki

小学4年生以降お子さんに、そのような絵は見られますね。

  

そんな疑問に、元美術講師のmaki(@artstudiomana)がお答えしようと思います。

 

結論から言うと問題ありません。

怖い絵を描く理由は、思春期のこどもの心に自我が芽生えてきた証拠

成長過程だと受け止めてあげましょう。

 

思春期のこどもが描く怖い絵とは?

こどもの描く絵は元気いっぱい、楽しい絵というイメージがあるかと思いますが、それだけではありません。

こどもは自分の心に素直ですので、ストレートに絵で表現してくるときがあります。

例えば、刃物が登場するグロテスクなシーン。

また、ドクロ幽霊悪魔などもよく描きます。

このように思春期のこども達は、おとながドキッとするような怖い絵を描くことがあります。

 

こどもが怖い絵を描く理由

思春期のこどもが怖い絵を描く理由は、自我の芽生えた証でもあります。

子どもが怖い絵を描く心理的な背景、それは子どもの心の内に新しい自我が芽生えてきたことを示しています。それも親とは違った自分だけの考えや価値観が芽生え始めているのです。こんなときは、親が言葉をかけても「別に…‥」などと言って無反応になりがちです。親としては戸惑ってしまいますが、じつは子どものほうも自分の変化に戸惑っていることが多いのです。

「絵が伝える子どもの子どもの心とSOS」p67

反抗期まっただなかだと、イライラもやもや常に葛藤してしまうことも。

それを絵に表現できるということは、ある意味素直な証拠なのかもしれません。

 

描くことで感情を発散できるメリットも。

怖い絵を描くことで、感情を発散できる効果もあります。

子どもたちは怒りや不満、心に受けた傷やショックなど、内面につのっていたものを絵にはきだすことがあります。それが不気味なイメージや、武器や闘いのシーンなど闘争的なモチーフだったりするのです。でも、こわい絵を描いたからと言って、むやみに心配する必要はありません。絵にはそうして描くことで、鬱積した感情を発散させ、安定をはかるセラピー効果があるのです。

「答えは子どもの絵の中に」p107

みなさん心当たりありませんか?

わたしはよく、イライラやストレスをそのままノートに書き出すことがあります。

誰にも見せられないような暴言を紙に書くとなぜか心がスッキリ。

そんな発散方法を、こども達は自然に絵の中で行っているのでしょう。

 

こどもが怖い絵を描いたらどうしたらいい?

もしお子さんが刃物や血などのグロテスクな絵を描いていたら、受け止めることが大切です。

親としては「絵を通して自己主張をしているんだな」と受け止めて、必要な対応をしてあげればいいのだと思います。ただ、このような絵ばかりが続くようなら、SOSの信号です。子どもの心が悲鳴を上げる理由はそんなに複雑ではないはず。

「答えは子どもの絵の中に」p107

自己成長していく過程だと捉え、認めてあげましょう

あまり気にしなくてもいいことですが、もし暴力的な絵が続くようだったら、注意が必要です。

専門機関に相談してみるのもいいかもしれません。

まとめ 

思春期のこどもが怖い絵を描く理由は、心に自我が芽生えてきた証拠

暴力的な絵を描くことで、発散することができます。

成長過程だと受け止めてあげましょう。

 

さらに詳しく知りたい方は、色彩心理研究家・心理学博士の末永蒼生さんの著書などがおすすめです。

中古本のみになりますので、販売されていない場合も。

ぜひAmazonをチェックしてみてください^^

 

おすすめの本

※ 古本のみの取り扱いになります。

 

あわせて読みたい

【こどもの絵の心理学】この色にはどんな意味があるの?