【脱シャン歴5年】初心者向けの湯シャンのやり方!簡単3ステップを解説します。

 

湯シャンに興味があるけどハードルが高い…

初めての人はどうやればいい?

 

そんな疑問に、湯シャン歴5年のmaki(@artstudiomana)が、初心者向けに湯シャンのやり方を書いていこうと思います。

maki
maki

初めはスローペースで!

 

簡単!3ステップ

  1. 丁寧にブラッシング
  2. 湯船に入る
  3. シャンプー・トリートメントを2日に1回に

 

湯シャンって? 

 

湯シャンとは、ズバリ、お湯だけで髪を洗うこと

シャンプーやトリートメントをしない洗髪方法のことを言います。

タモリさんや福山雅治さんなどの影響で、10年ほど前からじわじわと流行りはじめました。

世間では異色な「湯シャン」ですが、じつは、戦前までは当たり前のことだったのです。

 

シャンプーの歴史

参考:Kao 公式HP(https://www.kao.com/jp/haircare/history/14-1/)

 

現代の日本では、毎日シャンプーをすることが日課になっています。

朝晩2回洗髪する方もいるでしょう。

でも、石鹸で髪を洗うようになったのは1950年代で、5日1回石鹸での洗髪を推奨していました。

そして、60年代からシャンプー・リンスが登場。

70~80年代には週2・3回洗髪(シャンプー)をするようになりました。

 

毎日シャンプーをするようになったのは、1990年に入ってからなのです。

 

初心者向け!湯シャンのやり方3ステップ

 

毎日シャンプーをするようになったのは、つい30年前のことだとわかったら、少しハードルが下がってきませんか?

まずは、1980年代の感覚にタイムスリップして実践していきましょう。

(最初から江戸時代を目指してしまうと、挫折してしまいます。)

 

丁寧にブラッシング

髪についたほこりを、丁寧にブラシで取り除いていきます。

できれば静電気を防ぐため、天然素材のブラシがおすすめです。

湯船に入る

頭皮の汚れを浮かせるために、湯船にしっかりつかりましょう。

お湯で落ちやすくなります。

洗髪(湯シャン or シャンプー)

はじめの1〜2ヶ月は、シャンプー・トリートメントを2日に1回に減らしましょう。

湯シャンとシャンプーを交互に実践。

慣れてきたらシャンプーを、3日に1回、4日に1回と間隔をあけていきます。

 

初心者向け!湯シャンのコツ

 

初めは無理せず、2日1回のペースで湯シャンを取り入れていきましょう。

それでも難しそうだったら、1週間に1回程度の湯シャンからでもいいと思います。

スローペースに取り入れていくことで、頭皮の油分のバランスが整えられ、湯シャンに移行しやすくなります。

肌質や体質にもよりますので、ご自身の頭皮と相談しながら気持ちよく進めていきましょう。

 

まとめ 

簡単!湯シャン3ステップ
  1. 丁寧にブラッシング
  2. 湯船に入る
  3. シャンプー・トリートメントを2日に1回に

 

初心者の方は初めから飛ばしすぎずに、1980年代モードでゆるやかに湯シャンを取り入れていきましょう。

楽しむことがいちばん♪

  

\ おすすめ /

▽ 塩素除去のシャワーヘッドを愛用中

 

▽ シャンプーをするときは美容師さんおすすめのIAUを愛用中

 

\ あわせて読みたい /

シャンプー手放し?「ゆる〜い湯シャン」歴5年!の私が効果やコツなどを解説します。